北欧市場進出サポート・コンサルティング

cataciでは、2003年の弊社設立から10年以上に渡って蓄積してきたノウハウを生かした、デザイン家具、文房具、キッチンウェア、インテリアグッズといった分野に特化した北欧市場進出サポート・コンサルティングサービスを行っております。cataciでは、2003年よりストックホルムに拠点を設立して以来、今日まで、北欧各地にネットワークを構築してきており、スウェーデン、フィンランド、デンマークなどの北欧の主要市場の数多くのリテーラーとの取引実績がございます。

経済・産業のグローバル化が加速化していく中、もはや国内市場だけを相手にしたビジネスでは、大きな成長は望むことは厳しくなりつつあります。そういった中、ヨーロッパ進出を計画される日本企業の数も増えてきてますが、最初から競争の非常に厳しいパリやロンドンの大市場に飛び込んで行くことは、ハイリスクで、特に中小企業にとっては、ハードルが高いアプローチだと言わざるを得ません。北欧のコペンハーゲン、ストックホルム、ヘルシンキなどのマーケットは、市場規模としては、大きすぎず、また小さすぎもなく、世界中の多くの企業のテストマーケットとして最適な市場だと言われています。北欧はトレンドに敏感で、特にデザイン雑貨分野では、北欧で成功を収めれば、他のヨーロッパ市場にも自信を持って進出することができます。

弊社は、「デザイン」をキーワードに、日本国内のさまざまな「モノつくり」に携わっている企業様のサポートに行っております。具体的には、北欧の見本市、展示会出展サポート、北欧への商品の輸出サポート、リテーラーへの営業業務、通訳・翻訳業務、北欧現地法人設立代行業務、不動産賃貸、取得サポート、また北欧進出のマーケティング戦略にまで、幅広く関わらせて頂いております。

2019年2月から、日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定が発効し、テキスタイル製品を始めいくつかの分野では関税の即時撤廃、その他の分野でも、順次関税引き下げ、撤廃が進められていくことになっております。そういった意味でも、北欧市場進出、北欧への商品の輸出には、まさに今が最適のタイミングだといえます。

 

⭐️見本市・展示会出展サポート

主に北欧の主要見本市、展示会出展などをサポートいたします。主な内容は、展示会への申し込み、日本から現地への航空券のアレンジ、空港への送迎、宿泊先のアレンジ、展示会における通訳、商談サポートなどになります。詳しくは、メールあるいは電話にてお問い合わせください。

⭐️ディストリビューターとしてサポート

cataciは、設立以来、主に北欧にて、ディストリビューターとして数々のリテーラー(ショップ)とのネットワークをデザイン関連商品の販売を通じて築いてまいりました。現在まで、スウェーデン、デンマーク、フィンランドなどに70店舗以上のリテーラーとの取引の実績があります。家具、キッチンウェア、文房具、その他インテリア関係において、北欧への輸出、北欧市場進出を計画されているクライアントの皆様のサポートを行なっております。また、エージェントとして現地ディストリビューターへの橋渡しも行います。

⭐️欧州の法人設立サポート

北欧、ヨーロッパで本格的にビジネスを展開していくためには、EU内に法人設立することが最も近道になる場合もあります。EU内で国ごとに異なる税率、またロジスティクスなどを十分に考慮して、最適な拠点を選ぶ必要があります。

⭐️北欧市場マーケティングサポート

cataciでは、北欧市場でビジネスを展開されていきたいとお考えのクライアントの方々のマーケティングおよび営業サポートを行っております。具体的には、
●現地の最適なPR会社のご紹介
●北欧ターゲット市場にマッチした現地言語によるアドワーズの展開
●北欧ターゲット市場の店舗への営業活動
●北欧ターゲット市場の定性調査、定量調査レポート
などになります。

 

スウェーデン・セレクトショップでのテスト販売代行

jpdesignでは、日本のデザイナー、企業の方々向けに、スウェーデンのデザイン・セレクト・ショップでのテスト販売代行業務を開始しました。このサービスは、スウェーデン国内で11店舗展開しているDesigntorgetを通じて、日本のデザイナー、企業の商品を代行委託販売させていただくサービスです

なぜスウェーデンなのか?

スウェーデンという国は、フランス、イタリアなどの欧州の国々と比べ、それほど日本では馴染みの深い国とは言えません。日本人の印象としては、「ノーベル賞の国」「IKEAで有名」くらいのイメージしかないかもしれません。しかし実はスウェーデンは、欧州進出を狙う数多くの企業のテストマーケットとして広く認知されています。例えば、これは、イギリスの有力紙であるThe Telegrapheの記事です。
https://www.telegraph.co.uk/finance/yourbusiness/10048654/Sweden-provides-perfect-test-for-first-time-exporters.html
記事を要約すると、
1)スウェーデンは、初めて欧州に進出する企業にとって最適なテストマーケットである
2)イギリスの四人組によるスキンケア・ブランドであるBulldogは初の欧州大陸進出のテストとして2010年にスウェーデンに進出。現在スウェーデン国内だけで650店舗、年商550万ポンド(約7億7000万円に達する)
3) 非常にフェアなビジネスカルチャー
4) 小さすぎず、大きすぎない市場。テストするには十分に大きな市場。しかし失敗してもブランド的に痛手にならない。
5) 経済的に好調を維持

スウェーデンのデザイン雑貨市場 

いうまでもなく、デザイン雑貨という視点からいうとスウェーデンは世界的に知られています。IKEAの世界的な成功により、スウェーデンのデザイナーによる家具、食器、その他生活雑貨は、IKEAが進出している世界のどこにいっても、一般家庭まで深く浸透しています。

しかし、実際スウェーデンに行ってわかるのは、スウェーデンでは、IKEAだけでなく、その他、数多くの優れたデザイン雑貨があちこちで見ることができます。デザイン・ハウス・ストックホルム、スヴェンスク・テン、クリッパン、アルメダールスなど、さまざまなデザイン雑貨商品が数多く販売されており、「デザイン」が生活の一部として完全に根付いていることが実感できます。

こういったデザイン雑貨のいわば玄人市場でテスト販売して成功を収めることができれば、その後の欧州市場進出に、大きく自信を深めることができます。

販売までのステップ

① jpdesign.orgの下記専用フォームから申し込み及び手数料のお支払い(3000円)
② 指定のスウェーデン国内の住所に商品サンプルを送付
③ jpdesignが、御社のエージェントとして、スウェーデンのDesigntorgetにコンタクト
④ 商品サンプル送付から1ヶ月以内に、Designtorgetでの扱いの可否を通知*1
⑤ 御社のご指定の卸売価格に弊社エージェント料20%を加算させていただいた額を、Designtorgetへの卸売価格として設定させていただきます。
⑥ Designtorgetでの扱いが決定した時点で、ミニマムロット分をスウェーデンの弊社指定場所まで送付 *2 *3 
⑦ 販売決定してから3ヶ月間は、御社商品のスウェーデンでの保管、Designtorgetへの配送は無料にてjpdesignが行う*4
⑧ Designtorgetでの3ヶ月のテスト販売の結果を御社とjpdesign双方で精査し、ロジスティクスなども含めて、問題なしと判断され、かつ双方とも継続の意思がある場合に限り、スウェーデンの他のリテーラー、また欧州の他地域への展開へと移行 *5

*1 Designtorgetでの審査の結果、扱い不可になった場合でも、申し込み手数料3000円および商品サンプルの返送は行われませんので、事前にご了承ください。
*2 ミニマムロットに関しては、Designtorgetでの扱いが決定した時点で、話し合いの上、決めさせていただきます。
*3 別途EUへの輸入関税がかかり、実費をご請求させていただきます。商品のマテリアルなどによって細かく決められてますので、JETROなどに事前にご確認ください。
*4 3ヶ月を超えて、引き続き商品を弊社で扱う場合は、別途倉庫保管料金が発生いたします。3ヶ月のテスト販売終了4週間前に、その後の扱いに関してご相談させていただきます。
*5 本サービスは基本的にテスト販売サポートサービスですので、実際に欧州にて本格的に展開する場合は、別途ご相談の上、契約を結ばせていただく形になります。

Copyright 2003 - 2019 cataci.com